どしゃ降りでもカッパ着て行くのだ

64歳のアルバイト生活(ブログ名変更考察中)

スサノオが神武でサルタヒコが手力男

f:id:inroutesixties:20210510214421j:plain

イマリが2代目アマテラスでトヨウケ - どしゃ降りでもカッパ着て行くのだ

上記の続きです。

 

スサノオが神武天皇だということ。

神武天皇は古事記・日本書紀ではアマテラスの曾孫にあたるとされているのですがどうなんでしょう。スサノオが神武天皇という説は初めて聞きました。もしかしてスサノオはアマテラスみたいに職名なのでしょうか。

アマテラスの子であるアメノオシヒホミ、その子のニニギ、その子のオホリ(山幸彦)、その子のウガヤフキアエズ、そのまた子が神武天皇になります。アマテラスからは5代目の子孫になるのです。ずいぶんはしょっていると感じます。

  1. アマテラス
  2. アメノオシヒホミ
  3. ニニギ
  4. オホリ(山幸彦)
  5. ウガヤフキアエズ
  6. 神武天皇

アマテラスとスサノオが職名だとしたらツクヨミ(ツキヨミ)も職名にならないとおかしいですね。月ですから夜を司る神というわけです。読むは呪術的な響があります。ヨミは黄泉に通じます。電灯などのない時代は月明かりが頼りでした。月明かりのない夜は禍々しい魔モノの世界だったのでしょう。ツクヨミは目立ちませんが一番大事なところを守ってくださる神なのかもしれませんね。

アマテラスが亡くなり、鳥葬とされるわけですがその腐乱した姿を見てスサノオは逃走します。この辺はイザナギ、イザナミの黄泉の国の段に似ていますね。

そして神武天皇は東征し今度は大物主神として祀られている。

  • スサノオ
  • 神武天皇
  • 大物主神

この3つの名は同一人物ということになります。

 

大物主とは

『古事記』では神武天皇の岳父、綏靖天皇の外祖父にあたる。また、三輪氏の祖神でもある。『日本書紀』では三穂津姫を妻としているが、その事績は事代主神のものとなっている。ただし、妻や子孫、神武天皇前代という世代数が事代主神と一致することから、実際は事代主神の別名が大物主神であったと考えられる。

 Wikipedia 大物主 2021年5月10日

岳父というのは舅のこと。つまり妻の父。オオモノヌシが妻の父である限り神武天皇とオオモノヌシが同一神とは考えられません。オオモノヌシがコトシロヌシと同一神であるとありますが、スサノオがオオモノヌシならコトシロヌシもスサノオということになります。

ややこしすぎます。

 

サルタヒコが手力男命(タヂカラオ)だということ。

サルタヒコは天石門別神と同一神という発言がありますが、サルタヒコを調べても、タヂカラオを調べても同一神であるという表記は見つかりませんでした。

  • サルタヒコ
  • 天石門別神
  • タヂカラオ

『古屋家家譜』によると、大伴氏の祖・高皇産霊尊の子・安牟須比命の3世孫に天石門別安国玉命(あめのいわとわけやすくにたま)がいるとされ、天石門別安国玉主天神社では、天石門別安国玉主命、大国栖玉命、大刀辛雄命(たちからお)の別名があるとされる。『尊卑分脈』では、興台産霊命(中臣氏祖)が王主命の許登能床遅媛命を娶り生む所の者が天児屋根命だと記されており、正しくは「玉主命の女、許登能麻遅媛命」と考えられる[1]。これらから、天石門別神の実体は天手力男神ではないかとされる。

Wikipedia 天石門別神 2021年5月10日

手力男命と天石門別神は天孫降臨の際にニニギと共に降臨。サルタヒコは国津神でニニギを出迎え案内したとされていると思うのですが、この3神が同一神だとややこしい。

 

アマテラスの旦那がマナセ王だということ。

マナセ王については全く知りませんでした。

 12歳で南王国ユダの第14代の王となり、55年間在位した(列王記下 21:1)。彼の生涯は「列王記下」21章1-18節、「歴代誌下」33章1-20節に記されている。「列王記」は彼を、バアル崇拝、アシタロテ崇拝を再興し、国民を苦しめる不敬虔で邪悪な王として描き、ユダ王国の滅亡の直接的な原因はマナセの罪であったとしている。また、預言者イザヤはマナセによって、のこぎりで切り裂かれて殺害された。

Wikipedia マナセ(ユダ王) 2021年5月10日

あまり評判のよい方ではありませんね。

マナセ王はユダヤ教を否定し、異教を崇拝したためアークを破壊しようとした、または排除しようとしたらしいです。そこで神官たちはアークを隠すことにしたというわけです。もしくはマナセ王が捨ててこいとか言ったのかも知れないですね。

邪宗に入れ込むマナセがユダ王国を滅ぼしかけたので、アークを持ってアマテラスが逃げたということなのでしょうか。だとしたら日本にまで逃げてきてマナセを大事に祀ることもないと思うのですが。やむぬやまれぬ別れだったのかも。ただ、アークとアマテラスとの関係は全く知りませんの憶測です。

マナセは後に改心していい政治を行ったともいわれているようです。

 

あとは別の日に・・・