どしゃ降りでもカッパ着て行くのだ

64歳のアルバイト生活(ブログ名変更考察中)

リバウンド値ははんぱなかった

f:id:inroutesixties:20181227225327j:plain

かなりリバウンドしていました

10月18日に81kgまで減量した体重ですが、見事にリバウンドしていました。

昨日、家にある、ボロ体重計で計量したら、86kgでした。

このまま、年越ししそうです。

この40日ほどは、自分でも歯止めが利かないくらい、暴飲暴食(暴飲はないか)していました。自覚はあったのですが、止められなかったのです。

もう少し早く、体重計に乗っていれば、被害の少ない数値だったと思うのですが、やってしまったことはしかたがありません。

夢の70kg台は夢と消えました。

 

1月の目標値とリバウンドの期間

年も明けることですし、気持ちを新たに、来年の目標を決めたいと思います。

目標は、今年と同じく、月に1kgの減量。

つまり、1月末には85kgになっていればいいという簡単な減量です。

減量のスイッチを上手く入れることができれば、何の問題も無くクリアできる数値なのですが、スイッチを入れ損ねるとリバウンド期間になります。

上手く切り替えて、減量のほうに舵を切りたいです。

減量方法は、今年のように、いろいろやってみるという、アバウトな減量方法です。

飽きたら別の減量方法に切り替えていくというものですが、リバウンドの期間を作らないことが重要です。隙間無く減量するわけです。

 

1月のダイエット方法はウォーキング

減量方法ですが、1月はオーソドックスにウォーキングをやりたいと思います。少なくとも週に3回、30分を歩くようにします。

もう一つは、パンを食べないこと。この40日ほどのリバウンド期間はおやつにパンをよくてべていました。家に常備してある、食パンが曲者で、ついつい、食べてしまうのです。

トマトがあれば、チョッとだけマヨネーズつけて、食パンに挟んで食べるのがお気に入りなんですが、トマトだとヘルシーな気がして、たくさん食べてしまいます。

あとは、ピーナッツバターが多かったですね。どこかで、ピーナッツバターは美容食だとか読んだので、それが免罪符になって、いつも食べていました。

とにかく、パンは禁止とします。

あとは、ストレッチと筋トレを気が向いたらやります。

以上の3つが1月のダイエット方法とします。

 

体重が重くなるとどうなるか

体重が増えてくると、体が重くなります。動きが悪くなるのですね。だから、よけい動かなくなって、相乗効果でさらに体重が増えるというわけです。

食事をとると眠くなります。食事の回数が増えると、眠くなる回数も増えるのです。

このところは、常に眠いというのがあります。いくら夜長く寝ても、眠気は治まらないのです。ただひたすら眠い。

一日一食健康法の本を読んだとき、寝る時間が少なくなると書いてありました。短い睡眠時間でも生活ができるということです。

食べるということは、消化することに体力をつかうのだと思います。

 

とりあえず、気負わないでやっていきます。