どしゃ降りでもカッパ着て行くのだ

64歳のアルバイト生活(ブログ名変更考察中)

アルバイト先が見つからない

f:id:inroutesixties:20181209132426j:plain

現在の状況

未だ、新しいアルバイトが見つかりません。起業しようかなどと、たわ言を書きましたが、資金も無いので、鬱屈した日々を過ごしています。 

新聞配達は続けているし、ヤフオクもやっているので、無職というわけではないのですが、支払日が来ると、余裕もなく冷や汗のでる状態です。 

ネットで申し込みをしてみたり、電話で問い合わせしてみたりしたのですが、ナシのつぶてを喰らいました。 

少しはましになったと感じていたシニアの就職状況ですが、過信していたみたいで、落胆の日々です。 

どうしよ。

 

元の派遣会社

元の派遣会社より紹介を受け、工場派遣の見学兼面接に行きました。 

重いものを扱う職場でした。力は強いので問題はないと感じたのですが、結局お断りしました。 

ひとつは、前任者にくらべて、年を食っているということで、面接中、面接官に終始笑顔無く、危惧の表情で、いろいろ言われたことです。 

過敏かも知れませんが、これはこたえます。歓迎とまではいかなくても、普通に対応していただければ受けたかもしれませんでした。 

もうひとつは、フルタイムであることです。新聞配達を止められないので、フルタイムは少々キツイかなと思うのです。 

短時間のものを希望したのですが、手持ちにはないということでした。 

断るときに、少し慰留されたのですが、派遣会社ごとやめたかたちになりました。少し後悔。

 

起業に挫折

起業しようということで、軽運送業はどうかと思っていたのです。 

少しやったこともありますので。そこで、軽バンを買って、なおかつ自分で営業してというのはきついし、時間もかかるので、フランチャイズはどうかと思い、申し込んで見ました。 

とりあえず、資料請求ということで、アントレというサイトで、入力、送信してみたのですが、全く返信無く、電話もかかってこなくて、完全無視された状態です。 

何らかの反応はあると思っていたので、非常に落ち込みました。 

気を取り直して、タウンワークというサイトから、同じ企業に申し込んでみたのですが、これも無視。電話もメールも無しでした。なんだよ(弩)! 

 シニアでもいいと書かれていたのですが、やはり年齢ではねられたのかも。

 

別の派遣会社

しばらくくすぶっていたのですが、再び気をとりなおして、今度は別の派遣会社に申し込もうと思いました。 

同じタウンワークから、工場派遣が中心の派遣会社に決定。フォームで申し込むと、また返事無しなんてことになりそうなので、電話で問い合わせしてみました。

 電話には若い男性が出ました。求人の問い合わせということで、年齢を告げると、声のトーンが落ちました。 

この時点でダメだなとは感じたのですが、いろいろ聞いてみました。 

仕事はありますかと聞くと、仕事先との交渉になりますとのお返事。ないとは言わないのです。 

60歳代の派遣社員はいますかと聞くと、いたような気がしますとのお返事。ここいらで気力が無くなり、電話を切りました。 

ここの派遣会社の求人ランを見ると、シニアの文字が全てに入っています。すべてフェイクだったようです。なら書くな(弩)!

 

 

そして12月

結局あてのないまま、12月に突入します。年末の支払いが厳しいことになりそうです。