どしゃ降りでもカッパ着て行くのだ

64歳のアルバイト生活(ブログ名変更考察中)

派遣が終了 また転職

f:id:inroutesixties:20181212131206j:plain

派遣の仕事

派遣会社の仕事は3ヶ月区切りが一般的なようですが、これは法定なんですかね?調べるつもりはありませんが。 

現在勤めている職場は10月末で3ヶ月なので、更新時期なのですが、1ヶ月ほど前に派遣会社担当より更新の打診を受けたのですがお断りしました。 

つまり、更新しないということです。

 

派遣先の会社

派遣先は問題の多い会社でした。まあ、どこもそうなんでしょうけどね。 

まず、現場と経営が乖離している。現場で働くわけですが、人事を決めるのは経営側です。経営側は現場についてほとんど考慮をしません。現場任せです。だけど、人事は経営側がするのです。 

現場が人事には口出しできないのです。希望もほぼ無理みたい。 

現場が困っても経営側は困らないというのがスタンスです。現場は勝手に困ってろ。ぶつぶつ言うなって言うことです。 

最初は知らなくて、現場の人に希望とかこうしたほうがとか進言していたのですが、まったく上には響かないとわかって、すべて止めました。

 

派遣される者

3人派遣されているのですが、1人は有能、1人は無能、1人は私。という構成。 

有能な人間は私より1ヶ月早くに就業していたので、先月更新なしで辞めました。彼は引き止められはしませんでした。有能な人間は有能なりに現場と軋轢もあったのでしょう。 

無能な人間は年齢のこともあり、全く使えない人物でした。動けない、覚えない、雑と、3拍子そろった人物でした。 

スローなのは仕方がないですか、仕事も雑なのです。いい加減な仕事をして、その場から逃げるので、怒られるのは他の2人。仕事が振られないように隠れてもいました。 

この人は更新しました。 

現場の人に、無能な人間は切るように暗に求めたのですが、不明な理由をつけて口ごもるだけ。同じ時給で、他の2人の半分以下の仕事しかしないのですから、イライラの元だったのです。 

私は、現場の人には使いやすいので今後も来て欲しいといわれました。自画自賛ではなく、私は使いやすく立ち回ることは経験上心得ていましたので。そう立ち回りました。 

全ては無駄でした。頑張ろうが経営側には届かないのです。現場の苦労を共有するだけなのです。 

こうして残るのは無能な人間でした。後から補充される人間も同じ思いをするのでしょう。 

もう辞めるので関係ないですが。 

定年を楽園にする仕事とお金の話 45歳からそなえる「幸せ老後」のキホン

定年を楽園にする仕事とお金の話 45歳からそなえる「幸せ老後」のキホン

 

 

派遣元の会社

派遣元の担当者は新人さんで誠実な人柄でした。信用の出来る方です。特に問題はありませんでした。今後も頑張っていただきたいです。 

同じ会社でも、別の現場の担当社はひどい人物でした。会社の質というより、本人の資質というところでしょうか。こういうのが担当だと会社が悪というイメージになります。 

双方とも女性でしたが、どこの会社も清濁ありというところです。

 

総括

以上はたわ言と言えばたわ言です。自分の我侭や主観で勝手なことを書いているだけです。 

親近感の湧く人も、嫌悪感の湧く人も、それぞれ自分の思惑で生活し、仕事をしているわけですから、何か断罪するわけではありません。嫌悪感の湧く人とは近づかなければよいだけです。 

お前が悪いと言われれば・・・そうかも。

 

今後は

現在の派遣会社は、私に合いそうな仕事のストックはあまりないようです。他の会社をあたるか、思い切って起業でもしようかなと思っています。 

10月から何か始めたいです。

 

あとがき

なんとも傲慢な文章ですね。私が0点です。